”風になりたい”の容量がいっぱいになったため
新たに”風になりたいU”としてスタートします

”風になりたい”の過去記事を読みたい方は下記をクリックして下さい
”風になりたい”に移動





2014年06月26日

エレックレコードの時代

ライブやCDの話題で盛り上がっている時ですが
先日、この本が目に留まり購入しました

エレックレコードの時代 エレックレコードの精霊たち編



この本は「青春の詩」のバックバンド「マックス」荻原克己氏の書いたものです

拓郎さんのエレックレコード時代の事が知りたいと思い、期待して購入しましたが
拓郎さんについて書かれているところはほんの少しで、荻原克己氏本人の事と
エレックレコードの内情についてが殆どの部分を占めていました

しかし当時のエレックレコードの内情については知らない事ばかりで
興味をひかれあっという間に読んでしまいました

そういう時代だった事もあるけれど内情はひどいものだったと改めて思いました
拓郎さんが早々にCBSソニー・レコードに移籍したのも納得出来ます
(本当の移籍理由はわかりませんが・・)



【関連する記事】
posted by yumi at 14:21| Comment(2) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
yumiさん、新たなブログおめでとうございます&お久しぶりです<m(__)m>
さて、もうすぐ拓郎さん初日ですね♪
今回も、僕は参戦できないのですが、ワクワクドキドキの心境です(^^♪
また、レポ等楽しみにしていますね♪
Posted by りゅう at 2014年06月27日 22:31
りゅうさん、こんばんわ!
すっかりごぶさたしていてすみません<(_ _)>

今回も参戦出来ないのですね(>_<)
ホントに残念ですね

初日フォーラムに行ってきます
出来るだけお伝え出来るようにガンバッテみます
最近、頭がボケ気味で・・少々不安ですが(^_^;)
Posted by yumi at 2014年06月29日 00:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。